【昭和観光】安全・快適なバスの旅をサポート

安全・快適なバスの旅をサポート【昭和観光】

法令順守の取り組み
貸切バスの新たな運賃・料金制度がスタートしました。
貸切バスは安全・安心な昭和観光を利用しましょう。運行違反は行政処分の対象となり、安全が確保されていません。
平成24年4月に発生した高速ツアーバス事故等により、貸切バス市場の現状について問題の深刻化が浮き彫りになりました。
このため、国土交通省では、貸切バスの安全性向上を図る取り組みの一環として、貸切バスの運賃制度を抜本的に見直し、安全と労働環境改善コストを反映した、合理的でわかりやすい時間・キロ併用制運賃が平成26年4月より実施されました。
貸切バス事業者は、各運輸局等が公示した運賃・料金で届出を行う場合、公示運賃の上限額と下限額の幅の中で運賃を決定します。下限額以下の運賃で運行すると、運行違反として行政処分となるとともに、その貸切バス事業者は安全が確保されていない可能性があります。
新たな運賃・料金制度とは
1. 時間制運賃とキロ制運賃を合算して計算します。
①時間運賃
出庫から入庫までの時間に、出庫点検・帰庫点検の各1時間ずつ合計2時間を加え、時間制運賃を乗じる(最低保障として3時間に点検2時間を加算した5時間とします)。
②キロ制運賃
出庫から入庫までの距離にキロ制運賃を乗じる。

キロ運賃(1kmあたり)
大型バス 上限額170円 ~ 下限額120円
中型バス 上限額150円 ~ 下限額100円
小型バス 上限額120円 ~ 下限額80円

時間制運賃(1時間あたり)
大型バス 上限額7,680円 ~ 下限額5,310円
中型バス 上限額6,480円 ~ 下限額4,490円
小型バス 上限額5,560円 ~ 下限額3,850円

2. 料金の種類について。
①深夜早朝運行料金
22:00~05:00に係る運行は、その係る時間については2割を限度とした割増料金を適用。

②交替運転者配置料金
長距離・長時間・夜間運行などで安全運行のために交替運転者を配置した場合に適用。
交替運転者配置料金の計算→時間制料金=下限(*)~上限(*)
キロ制料金=下限(*)~上限(*) *各運輸局が公示した料金

③特殊車両割増料金
サロンカー・リフトつきバス等は運賃の5割以内の割増しを限度として適用

3. 行政処分が厳しくなります。
①バス事業者
初違反→20日車の車両使用禁止
再違反→40日車の車両使用禁止

②旅行事業者
貸切バス事業者が、運行違反で行政処分を受け、旅行業者の関与が疑われる場合、地方運輸局より国土交通省を通じて観光庁に通報され、旅行業者等に対しては立ち入り検査等旅行業法に基づく措置が講じられます。
私たち昭和観光は、各種法令を順守し、安全で快適な貸切バスをご提供いたします。
貸切バスはこの様に利用できます!
貸切バスの利用方法
初めての貸切バス
お客様にピッタリのバスをご用意
  • 大型バス ~53人充実の豪華設備!大型ならではの中2階からの眺めをお楽しみください。
  • 中型バス ~28人座席間の間隔も大型より広く、長時間の移動にも最適です。
  • 小型バス ~27人機動力とロープライスが魅力の小型